企画展「津雲邸雛まつり展」


展示内容特設ページ

江戸後期の名品を展示

注目 その1

有職雛の段飾り、優雅な五人楽人、七澤屋もの雛道具、次郎左衛門の立雛など江戸後期の名品の数々を展示します。



2階大広間 雛段飾り




1階応接間展示室  七澤屋ほかの雛道具



注目 その2
天皇家から賜った初参人形(ういざんにんぎょう)



大名が御所訪問時に頂戴した御所人形


注目 その3

希少な尾形乾山の極小雛と静々(鈴木)守一の雛屏風

尾形乾山は琳派、尾形光琳の弟。箱書きに『大納言様御譲り』とあり、大納言様と呼ばれた方から譲り受けたものであること、さらに、『慶応丙寅改』とあり、慶応2年に点検したことがわかります。
箱にこのような記録が丁寧に記載されていることから、裕福な大名か名家にあったものと思われます。

後ろの屏風は静々(鈴木)守一の遠山桜図屏風です。小さいですが琳派の屏風です。
なお、鈴木守一は、江戸琳派・青々(鈴木)其一の子です。




人形師二代目永徳斎の初参人形のほか、今回は京都・丸平の人形「羽衣」を展示します。
「羽衣」は、室町時代から演じられている能楽をモデルにしたもので、天女と羽衣を持ち去る漁師・白龍と、羽衣を返す白龍の三体を展示します。





注目 その4
雛人形、ひな祭の古典的な絵図を展示
   「日本風俗図絵」雛祭図、「江戸名所図会」十間店雛市、および西沢笛畝編「の人形集成」(古雛人形の写真と西沢笛畝の雛絵100展が集成されています)などを展示


注目 その5
全国各地の伝統ひな菓子展

全国各地の伝統ひな菓子の展示販売を致します。
(期間内に売り切れになる場合があります)
展示予定のひな菓子 
・「桃カステラ」長崎 
・「おいりふくらんこ」丸亀 
・「ひな餅」(花もち)松江 
・「ほとぎおこし」広島・府中 
・「金花糖」金沢 
・「ひなあられ」京都 
・「ひちぎり」東福門院 
・「おこしもの」名古屋 
・「いがまんじゅう」西三河 
・「練り切り おひな菓子」鶴岡 
・「久寿」鶴岡 など・・・